日々の生活をスピリチュアルの観点から幸せに役立つメッセージなどお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPアドレス「grado
ご相談はこちらからmail

↑応援してくださる方はクリックをお願いします↑

面倒ですが、表示されるランキングの中から
「gradoスピリチュアル日記」
を探しクリックしてください。励みになります。

FC2ブログランキング

別窓 | スポンサー広告 |
幸せホルモンが生む奇跡
人は生きている中で、知らず知らずに軌跡の中を泳いで渡っているようなものです。

これまでの何度も取り上げてきたように、日常とは実は非日常でありありがたいことだと認識しなければなりません。目に見えない世界では多くのサポートをいただいていることも想像できると完璧です。

最近は医学や科学、脳科学や心理学もスピリチュアルよりになってきました。数十年後にはスピリチュアルな観点が文明の最先端だったなんてことになるかもしれません。

これだけ発達した文明科学は未だに分からないことのほうが多く、結局は直すことの出来ない病だらけで医療費は年々増えるばかりです。

社会のシステムが西洋医学中心になっていますが、視点を変えると健康と長生きはそれほど難しいことではなく医療もさほど必要ありません。

今後、社会保障の医療費の限界が訪れ、治療費が高くなるとスピリチュアルな世界はもっと一般的なことになるかもしれませんね。皮肉なようですが、個人レベルでは幸せへの近道となるはずです。

さて、テレビ番組で面白いものを見ました。それは「オキシトシン」「ドーパミン」と言うホルモンが免疫の向上、病の克服などにも役立つということをAKBの増田さんを例に取り上げたものです。

では、このオキシトシンとは、どうすると分泌されるのかと言うと、他人に親切にする、人との繋がりから「絆」を意識することで分泌されるため、「幸せホルモン」と呼ばれているそうです。

「ドーパミン」は夢や希望に向かって挑戦することによって脳幹から分泌され、免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞がふえます。

生きる原動力である夢や希望を持ち、病の因子を他への愛情・慈悲が良いカルマで溶かすイメージです。

今回は他に親切にすると「幸せホルモン」が分泌されると言う発見がとても興味深く取り上げてみました。これによりウソでも!?優しい人が増えると健康で幸せな人が増えますね(笑)。

私達人間の体はとても複雑ですが、複雑に捉えると複雑になりますが、シンプルに嬉しい、楽しいと言った生き方が実はとても大切なことに気づきましょう。

アンビリーバボー 増田有華(AKB48) 幸せホルモンが生む奇跡
スポンサーサイト

HPアドレス「grado
ご相談はこちらからmail

↑応援してくださる方はクリックをお願いします↑

面倒ですが、表示されるランキングの中から
「gradoスピリチュアル日記」
を探しクリックしてください。励みになります。

FC2ブログランキング

別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<五感を研ぎ澄ませ | gradoスピリチュアル日記 | ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| gradoスピリチュアル日記 |
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。