FC2ブログ
日々の生活をスピリチュアルの観点から幸せに役立つメッセージなどお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPアドレス「grado
ご相談はこちらからmail

↑応援してくださる方はクリックをお願いします↑

面倒ですが、表示されるランキングの中から
「gradoスピリチュアル日記」
を探しクリックしてください。励みになります。

FC2ブログランキング

別窓 | スポンサー広告 |
なんとも心もとない最新科学科学
隕石落下について、世界最高峰の科学長官の言葉です。

それは落ちてこないように「祈りましょう」ということでした。
世界の叡智を結集しても、人類は隕石ひとつに対処できないのが現実です。

これは科学に限らず医療をはじめとしてあらゆる分野に当てはまります。専門分野の優秀な方がこれらを謙虚に捉え研究を進めていただけると、より良くなっていくのでしょうね。それはスピリチュアルの解明にもつながり、よりスピリチュアルの普及に繋がるはずだと夢想しています。

難しいことは置いておいて、これらをよく理解し、地球に住む人類が自分たちは「生かされている」と気付ける方向へ導かれると良いなと思いました。

感謝(グラード)のエネルギーが難を避けています。今の地球にはそのエネルギーが足りないことを覚えておいてください。


下記引用。


2013年2月15日に地球から17000キロメートルを通過した小惑星 DA14 の想像図。

e0171614_15355526.jpg

4月にアメリカに巨大な小惑星が直撃する?
NASA 長官が米国議会で語った「祈りましょう」の発言の真意は何か
元記事:Large asteroid heading to Earth? Pray, says NASA
米国 NASA のチャールズ・ボールデン(Charles Bolden)長官は、アメリカのニューヨークに向かっているかもしれない巨大な小惑星を処理する方法について具体的な方法に言及した。
その方法は「祈って下さい」であった。
ボールデン長官は、3月19日に米国下院の科学委員会の公聴会で議員たちにそのように語った。
ロシアのチェリャビンスクで 2月15日に爆発した隕石は十数メートル程度であったと推測されているが、それでも 1,500人以上の負傷者を出す惨事となった。その同じ日には DA14 というそれよりも巨大な小惑星が地球から約 17,000キロの距離を通過していった。
そして、同じようなことは米国のすべてに地点に言え、米国のあらゆる場所が未知の小惑星の衝突コース上にあるかもしれないという可能性について、ボールデン長官は米国議会下院科学委員会の公聴会で述べた。
小惑星は空中で衝撃波を発生させ、建物を窓や建造物そのものに損傷を与える可能性がある。
ボールデン長官は公聴会で次のように述べた。
「私たちは驚くべき頻度で、地球の近辺を通過する小惑星と隣接して生きているのです。潜在的に危険をもたらす可能性のある天体が数多く存在する太陽系に住んでいます。先月のロシアでの隕石の出来事が破局的な事例とならなかったことは幸いです」。NASAは、地球の近くに飛来する 700メートル以上の巨大な天体の約 95%の軌道を把握している。この 700メートルの大きさの小惑星というのは、仮に地球に衝突した場合は、ひとつの文明を終焉させる規模のものだ。しかし、ボルドレン長官は「最近になり、都市ひとつを壊滅させられる規模の天体約1万個のうちの10パーセントしか私たちは知らないことがわかった」と述べた。
それらの中に、米国に脅威をもたらす小惑星があるかどうかは今はわからないと長官は語る。
しかし、その中のひとつは「3週間後に来るかもしれない。そして・・・祈りましょう」と長官は語った。
NASA は現在、地球との衝突コース上にある可能性のある天体をそらすための技術開発を検討していることも付け加えた。
スポンサーサイト

HPアドレス「grado
ご相談はこちらからmail

↑応援してくださる方はクリックをお願いします↑

面倒ですが、表示されるランキングの中から
「gradoスピリチュアル日記」
を探しクリックしてください。励みになります。

FC2ブログランキング

別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<大自然に感謝 | gradoスピリチュアル日記 | 自分さえ良ければ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| gradoスピリチュアル日記 |
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。