日々の生活をスピリチュアルの観点から幸せに役立つメッセージなどお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPアドレス「grado
ご相談はこちらからmail

↑応援してくださる方はクリックをお願いします↑

面倒ですが、表示されるランキングの中から
「gradoスピリチュアル日記」
を探しクリックしてください。励みになります。

FC2ブログランキング

別窓 | スポンサー広告 |
新たな時代の到来~神仏習合~
神職が般若心経、僧侶が大祓詞 東寺で合同法要

【転載開始】
東寺(とうじ、京都市南区)と石清水(いわしみず)八幡宮(京都府八幡市)が合同で人類平安などを願う法要が15日、東寺であり、僧侶が神道の大祓詞(おおはらえのことば)を、神職が般若心経を唱えた。両者は東日本大震災を機に一緒に祈りを捧げる場を持ってきたが、さらに和合を進めようと、お互いの「ことば」を共に唱える初めての試みとなった。

 東寺境内の鎮守八幡宮で僧侶と神職が向かい合い、神職が大祓詞を唱える時は僧侶も、僧侶が般若心経を唱える時は神職も一緒に唱えた。それぞれが練習を積んできた。

 日本では古来、神と仏を結びつけて信仰する神仏習合が広まっていたが、明治の神仏分離令で引き離された。「地球環境までもが危ぶまれる中、共生の思想の本来の信仰形態でやっていこうと、これまでより一歩進めた」(東寺法務部の松崎全信課長)という。

 石清水八幡宮で祝祭がある4月3日には、東寺の僧侶が出向き、共に祈りを捧げる予定。

【転載終了】

最近では、仏教の世界でも宗派の隔たりを乗り越え、互いの行事に特別参加する行事などがここ10年ほどで始まっています。これまでは考えられないことです。とても素敵なことだと思います。

人間を取り巻く環境は、今後、人間のカルマの清算と共に「神と自分」の原点回帰の最終ステージになっています。組織や縦の主従関係などの隔たりは無くなっていきます。

私は宗教に属することは勧めていません。組織に属するよりも自己の内面を追求することが最も近道であると確信しているからです。外に求めるのではなく、自分の魂を追求する、生活を感謝の視点で冷静に見つけることが最重要なのです。そこで初めて神様にすでに包まれていることに気づくからです。

しかし、誰にでも一人で出来るものではなく、組織に属し教えを受けないと道徳性を身につける役割も果たし存在意義の評価はしています。

どの宗教に属するとしても、突き詰めた先にあるものは同じです。

同じはずなのに、宗教は権力であり争いの火種です。今後、世界中の宗教の信仰者の目覚めと共に、互いを認め許し尊重し、「突き詰めた先の存在」への感謝の信仰へと融合できたらと夢想しています。

皆、同じ人間です。愛や慈悲、許し、思いやり、優しさがすべてです。
その総まとめが「グラード(感謝)」です。

あなたが幸せを感じる、それを家族や周りの人々と共有する。
その繋がり、絆が世界平和に繋がります。

さあ、今の自分の感謝すべきことに目を向けてみましょう。
未来は必ず変わります。
スポンサーサイト

HPアドレス「grado
ご相談はこちらからmail

↑応援してくださる方はクリックをお願いします↑

面倒ですが、表示されるランキングの中から
「gradoスピリチュアル日記」
を探しクリックしてください。励みになります。

FC2ブログランキング

別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<供養のススメ ~最強のセキュリティーシステム~ | gradoスピリチュアル日記 | 不満心を止める>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| gradoスピリチュアル日記 |
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。